掃除用具の収納アイテムならサニタリーBOXYにお任せください!
モップ収納用のラックや雑巾・布巾などを干すマルチハンガーのほか、バスケットタイプの収納やフックタイプの収納補助アイテムまで取り扱っています。
特にキャスター付きで移動可能な収納ラックは、掃除道具をまとめて収納して必要な場所に動かせるため、施設や大型オフィスなどの清掃におすすめです。 狭い場所や一般家庭でも使用できるスリムタイプの掃除道具収納や、インテリアを邪魔しないシンプルでおしゃれな掃除道具収納も取り扱っています。 折り畳みタイプの掃除道具収納アイテムも豊富に取り揃えており、必要なときだけ展開し、不要なときはコンパクトに畳んでしまえます。

掃除道具収納のコツ1.動線にあった収納場所を確保する

スマートに掃除道具を収納するためには、まず動線にあった収納場所を確保することが大切です。
「この部屋からスタートしてこの順番で掃除を行う」といった動線をイメージして、最適な位置に収納しましょう。 フロアモップやハンディモップといった手軽な掃除用品は、バスケットタイプの収納やラックを活用して、すぐに使いたい場所に分散して備えておくのもおすすめです。

掃除道具収納のコツ2.できるだけ一箇所にまとめる

掃除道具は、できるだけあちこちに置かずに種類ごとに分けて一箇所にまとめておくと便利です。
雑巾やハンディモップなど、場所を問わずよく使うアイテムはケースやラックに入れて保管すると、どこにしまったか忘れて探す手間も省け、掃除がより楽になるでしょう。

掃除道具収納のコツ3.フックを使用して空きスペースに収納

空いた壁にフックを取り付けておくと、ブラシやハンディモップなどを空きスペースに吊り下げて収納できます。
フックでバスケットを吊るして、その中にスポンジなどの細々とした掃除道具を収納しておくと紛失に心配もありません。 小さなブラシや布巾などの厚みのない掃除用具は、開き扉の裏を利用して、フックで吊り下げておくと隠しながらスッキリ収納できるうえに、取り出すときも簡単です。
また、サニタリーBOXYではフック付きのモップ収納ラックも取り扱っており、掃除道具を多く保管する施設や学校などの設置におすすめです。

掃除道具収納のコツ4.バスケットで必要なものを分類しながら収納

住宅の収納スペースや棚の中に掃除道具をまとめて収納する場合は、バスケットをうまく利用するとスッキリ収納できます。 細かいスキマやしつこい汚れを落とすための古歯ブラシ、ヘラといった小物のほか、洗剤類を多く使用する方はバスケットで用途ごとに収納すると、使いたい時にパッと使用できますよ。

収納用品 storage

並び替え:
価格の低い順
価格の高い順
おすすめ順
新着順

(全 27 件) 27件表示

  • 1